基板

撥水剤を使用して撥水加工された製品にはどのようなものがあるのか

水をはじく木材

昨今では様々な付加価値や機能が付いた製品が販売されていますが、その機能の一つに撥水剤を使用した撥水加工があります。撥水加工は、生地表面にフッ素コーティングして水を弾くようにする機能のことです。フッ素コーティングされた製品は、水を弾くことから特に雨の日や梅雨時期に利用されます。例えば代表的なものとしては雨具があります。傘やレインコートは撥水剤を使用しているため雨を弾きます。また、最近では撥水加工付きの鞄も販売されています。通勤や通学で利用する鞄は雨で濡れることも多いので、あらかじめフッ素コーティングされた鞄を選んでおけば、雨の日でも安心して使用出来ます。また、革製品は水に弱い性質を持ちます。そのため、革製品に撥水剤を使用すれば、革製品の寿命を長持ちさせることが出来ます。その他にも、アウトドア関連の製品やウェアにも使用されています。車のフロントガラスもフッ素コーティングをすることで、雨の日でも水捌けが良くなります。また、コーティングによって汚れも付きにくくなり、手入れが簡単になります。身近なものだと、スマホやタブレットにも使用されています。指紋や皮脂の付着を防止してくれるだけでなく、精密機器を水から防いでくれます。大切なものを長く使うためや、快適に使うためにも、フッ素コーティングされた製品を使うようにすると良いでしょう。